12月 譜読みがんばろう♪

発表会前のレッスンでは曲を仕上げることが中心だったので、

楽譜を新たに読む作業は少なかったと思いますが、

12月に入り、新しい曲のオンパレードですね♪

特に高学年の生徒さんは曲が難しくなってきて

新しい曲の譜読みに苦戦している子もいるかもしれません。

 

今月のレッスンではゆっくり、じっくりと…楽譜の読み方を指導する時間が多くなっています。

まずは自分で読んでみる、その子がどういう読み方をしていて、

それをもっとこうすると読みやすくなるよ!という方法は、個々に違う場合もあり、

子供をよく観察したり、どうやって読んだか聞いてみたりしながら、指導しています。

視覚的に、また耳で音を聴きながら、読んでいきます。

 

本人にとっても教師にとっても根気のいる作業ですが、

譜読みは曲数をこなして回数を重ねて慣れていくものですので、

練習時間を増やして、一生懸命読むしかないです。

 

一時は大変ですが、

楽譜がスラスラ読めるようになると、

ピアノの練習が今より自主的に、計画的に進めていくことが出来るようになり、

本人も手応えを感じやすく、演奏の楽しさも増しますよ♪

 

そういう楽しみも伝えながら、指導していきたいと思います。