ピアノ・指だけじゃない

 子供たちがピアノを弾くとき(大人もそうかもしれませんが)、どうしても指だけに力が入ってしまい、音がきつくなったり、思うように指が動かないと感じている様子を目の当たりにします。

 

 師匠の重松先生もよくおっしゃるのですが、子供のレッスンでは出来ていない箇所を指摘すればいくらだってある。大切なのは、良いところから発展させて伸ばしてあげること。

私も同感なので、上記の弾き方を全て否定して改善しようとすることだけに時間を取るのは有効ではないと思っています。

 ですが、子供自身がここは弾けない、どうしてだろう、と思った時や、

講師がここの箇所だったらすぐに改善できそうだ、と思った箇所については、

どんどんアプローチしています。

 

先生の「支え」という文章の中に、指や体の使い方で、小学生でも理解できそうな部分を抜粋して貼り付けます。

是非参考にしてみて下さい。

 

レッスンでも興味を持ってもらえるようにアプローチしていきたいと思います。

 

以下、抜粋文章

支えるというのは「肩で腕の高さを保つ」というのが大きな意味です。指先に関しては、左足に体重を乗せて優雅に右のつま先を着けたバレリーナのような状態だと思ってください。つま先の「力」ではない。

 

もう一例出しておけば、レコードの針のような感じと言えばよいでしょうか。針圧は重すぎても軽すぎても駄目です。針を支えるアームと、そっと、でも確実に盤面に「吸い付く」針先、これはそのままピアノのテクニックの最重要な部分のイメージと重なります。 

 

さて、指立てふせのような状態を「支える」と称する人があまりに多いので、支えとは肩で高さを保つことだと言いました。

 

実際は、アフタータッチから沈み込まないように(つまり肩で保たれて)それでいてしっかりとフォームを保った指先(フォームとは丸くとか伸ばしてのような形のことではありません)も支えと言うべきです。先ほど例に出したバレリーナの右足ですね。 

 

なお、高さを保つ、というのはヴァイオリニストの右腕のような感じだと理解します。彼らは4本の弦を、右腕の高さを変化させることで、間違えずに選んで弾いているのです。これは誰でもお分かりでしょう。

 

このような腕の働きは、当然肩が担っています。支えというのは肩と指先の両方を含んだ感覚のことだと言いなおしても良い。手作業のほとんどすべてがこの「支え」無しには不可能であることは、日常の動作を思い出してみたら納得いくでしょう。

                             

以上が先生の文章です。元のURLを添付しておきますので、

興味があれば是非読んでみて下さい♪

 

http://shigematsu.jimdo.com/テクニック/支え/